電子帳簿保存法対応 電子証憑データ保存ソリューション

eDocAssist

電子帳簿保存法の法要件に対応した電子証憑データの最適な保存ソリューション
電子帳票技術を用いた電子証憑スキャンで、法対応から業務改善までをアシストします

eDocAssist(イードック・アシスト)とは?

閉じる

eDocAssist(イードック・アシスト)は、電子取引等で用いる電子証憑(見積、注文、納品、請求書等)データの保存で、PDFに埋め込まれている印字情報から検索データ(取引日、取引先名、取引金額等) を読み取るソリューションです。

eDocAssistで抽出した検索データと電子証憑データは、電子帳簿保存法の4領域(帳簿書類・スキャナ・電子取引)に対応した電子証跡システムDataDeliveryに適正に保存します。

eDocAssistシステムイメージ

このような課題はございませんか?

閉じる

法要件だけでなく、自社要件やグループを含めた全社要件に対応した検索データの抽出を実現

電子証憑の検索データとは、電子帳簿保存法の中で「取引先名称、取引日付、取引金額」の3項目とされていますが、実際は企業の内部管理用に「書類種別、件名、伝票番号、相手先番号、登録者~」等が加わり、登録者(営業、購買・調達)の入力負担は大きな課題です。eDocAssistは、証憑の印字項目からこれらを抽出し、データ化します。

自社要件やグループを含めた全社要件に対応した検索データの抽出を実現

機能概要

閉じる

取り込んだ電子証憑データから印字情報を読み取りし、テキストデータ化

取り込んだ電子証憑データから印字情報を読み取り
  • 上図の通り、マーキングしている箇所を読み取ります。
  • eDocAssist Readerは、API化されている為、お客様のシステムと連携することが可能です。
  • eDocAssist Readerは、ヘッダ情報だけなく、明細情報も読み取り、結果をCSV形式で提供します。
テキストデータ化

DataDelivery連携

閉じる

eDocAssistで取り込んだ証憑と、上位システム(帳簿)の照合

販売、購買業務で発生する見積、注文、納品、請求までの全プロセスで発生するスキャナ保存データ、電子取引データと基幹システムのデータと照合チェックは、登録者のみならず、管理者にとっても大きな負担です。

eDocAssist経由で保存した証憑データと、システム連携で保存した上位システム(ERPシステム)の帳簿データの両方をDataDeliveryに保存することで照合チェックします。

eDocAssistで取り込んだ証憑と、上位システム(帳簿)の照合

関連ソリューション

※「eDocAssist」は、JFEシステムズ株式会社の商標です。
※「DataDelivery®」は、JFEシステムズ株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

資料請求・デモンストレーションに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

お電話でのお問い合わせ

  • 東日本 : 03-5418-2377
  • 西日本 : 078-232-5365

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く