財務ハイライト

業績ハイライト(2022年3月期)

最新の決算(2022年3月期)について、概況をご紹介します。

当社グループは、当連結会計年度を次期中期経営計画(2022~2024年度)に向けた準備期間と位置付け、単年度計画の下で、「JFEスチール製鉄所システムリフレッシュの遂行」、「ソリューション事業の拡大」、「基盤サービス事業の拡大」を中心とした主要課題に取り組んでまいりました。

3月にJFEスチール株式会社が発表しました同社の本社基幹システムのオープン環境への完全移行につきまして、当社はこれを全面的に支援いたしました。4,000万STEPを超える大規模な基幹システムのオープン環境への完全移行は日本初の事例であり、このノウハウを蓄積することで、当社の技術力の更なる向上を目指すとともに、今後の同社の製鉄所・製造所の基幹システムの刷新、全社完全オープン化にも引き続き、積極的に寄与してまいります。

また、同月、当社は健康経営優良法人(大規模法人部門)に認定されました。当社は社員の健康増進を重要な経営課題の一つに位置づけ、「All Well --- 社員も会社もみんな健康」をキャッチフレーズに、社員の健康保持・増進に向けた各種取り組みを継続していることなどが評価され、5年連続の認定となりました。

当社は2022年度からの次期中期経営計画においても、技術力・商品力と人材力を軸とした事業運営を指向し、更なる成長・拡大を目指してまいります。

当連結会計年度の営業成績につきましては、JFEスチール株式会社向け製鉄所システムリフレッシュの進展、ソリューション事業の拡大などにより連結売上高は前期比3,927百万円(8.5%)増の50,395百万円、営業利益は前期比943百万円(20.2%)増の5,609百万円、経常利益は前期比946百万円(20.1%)増の5,644百万円となりました。また、親会社株主に帰属する当期純利益は前期比638百万円(20.7%)増の3,724百万円となりました。

四半期別財務ハイライト(連結)

売上高 (連結)

(百万円)

(百万円)

経常利益(連結)

(百万円)

(百万円)

親会社株主に帰属する四半期純利益 (連結)

(百万円)

(百万円)

1株当たり四半期純利益(連結)

「1株当たり四半期純利益」は、2017年3月期期首に当該株式分割が行われたと仮定した上で算出しております。

(円)

(円)

財務ハイライト(連結)

「1株当たり当期純利益」は、2017年3月期期首に当該株式分割が行われたと仮定した上で算出しております。

売上高 (連結)

(百万円)

(百万円)

経常利益 (連結)

(百万円)

(百万円)

親会社株主に帰属する当期純利益 (連結)

(百万円)

(百万円)

1株あたり当期純利益 (連結)

「1株当たり当期純利益」は、2017年3月期期首に当該株式分割が行われたと仮定した上で算出しております。

(円)

(円)

財務ハイライト(単体)

「1株当たり当期純利益」は、2017年3月期期首に当該株式分割が行われたと仮定した上で算出しております。