このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

情報開示方針

1.情報開示の方針

当社は、法令の遵守はもとより高い倫理観のもとに企業活動を行うとともに、経営の透明性確保のため、証券取引法等の関係法令および東京証券取引所の定める「上場有価証券の発行者の会社情報の適時開示等に関する規則(以下「適時開示規則」)に従い、正確、公平かつ適時に情報の開示を行います。

また、上記法規則に従った情報のほか、当社をご理解いただくうえで必要または有用と判断される情報についても適時開示規則に従い、正確、公平かつ適時に開示を行います。

2.情報開示の方法

適時開示規則に該当する情報の開示は、東京証券取引所へ事前説明を行ったうえで、同取引所の提供する「TDnet(適時開示情報伝達システム)」への登録、ならびに同取引所内の「兜倶楽部(記者クラブ)」を通じて報道機関へ公表いたします。

証券取引法に従う有価証券報告書/内部統制報告書等の報告書類は、所轄の財務局へ提出するとともに、東京証券取引所へ遅滞なく提出いたします。有価証券報告書/内部統制報告書等の報告書類は、公衆の縦覧に供します。

また、当社は、当ホームページを株主や投資家の皆様への情報発信の重要な手段のひとつと考えております。開示規則には該当しない情報についても、株主・投資家の皆様にとって当社をご理解いただくうえで必要または有用と判断される情報については、正確に積極的に開示するよう努めます。ただし、当ホームページでは、他の方法で開示された情報とは異なった表現をしている場合もあります。

適時開示に係る社内体制

3.インサイダー取引の未然防止

適時開示規則に準拠した会社情報、および投資判断に影響を与えると当社が判断した重要な会社情報については、「TDnet」に登録することによってインサイダー取引規制上の公表措置とします。同時にまたはその後すみやかに当ホームページに当該情報を掲載いたします。

4.沈黙期間

当社は、株価に影響を与える情報の漏洩を防止し、情報開示の公平性を確保するため、決算期日の翌日から決算発表日までを「沈黙期間」とさせていただいております。この期間は、決算に関するご質問への回答やコメントは差し控えさせていただきますのでご了承ください。  ただし、「沈黙期間」の間に判明した決算内容が、既に発表した業績予想から大きく乖離し、適時開示規則に該当する変動幅となることが明らかになった場合には、開示規則に従い、業績予想修正として情報の開示を行います。

5.第三者への情報開示と第三者による業績予想

当社は、機関投資家やアナリスト、投資関連のマスコミ記者等との個別ミーティングやヒアリング(取材)を実施しておりますが、これらの場では、既に公開している事実、あるいは一般的な市場動向等の情報に限って開示します。

また、第三者による当社に関するコメントや業績予想等に、当社はいかなる責任も負いません。

6.当社による業績予測

当社は、東京証券取引所に提出する収益予想の他に、当社の発行する書面や当ホームページにて、現在の業績見通し、計画、戦略などを公開する場合があります。いずれの場合も、歴史的事実でないものは将来の企業活動に関する見通しであり、その時点で入手可能な情報から得られた一定の前提をもとに予測したものです。

これらの将来予測にはリスクや不確定要素などの要因が含まれており、実際の業績はこれらの予測とは異なる結果となり得る可能性があります。したがいまして、これらの業績見通し等のみに全面的に依拠して投資判断されることはお控えいただきますようお願いいたします。

7.その他

当ホームページ上での当社に関する情報検索にあたりましては、当ディスクロージャーポリシーのみでなく、別途掲載しております「サイトのご利用にあたって」も合わせてご参照ください。

関連リンク
コーポレートガバナンス

Get ADOBE READER

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。