トップメッセージ

2020年度は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け減収減益となりました。
2021年度は、売上高、経常利益ともに過去最高であった2019年度の水準まで回復を目指します。

この度、西崎宏より代表取締役社長を引き継ぎました大木 哲夫でございます。何卒よろしくお願い申し上げます。

大木社長

プロフィール

1984年 4月
川崎製鉄株式会社 入社
2011年 4月
JFEホールディングス株式会社 企画部長
2014年 4月
同社 財務・IR部長
2015年 4月
同社 常務執行役員
2018年 4月
JFEスチール株式会社 専務執行役員
2020年 3月
同社 専務執行役員退任
2020年 4月
当社 常勤顧問
2020年 6月
当社 代表取締役執行役員副社長
2021年 6月
当社 代表取締役社長(現任)
2020年度業績の評価は?

新型コロナウイルス感染拡大の影響により減収減益となりました。
売上については、お客様のIT投資の停滞の一方、テレワーク環境の整備などによる基盤サービス事業の需要増により微減となりました。
利益面では、経費等のコスト削減および年度後半での挽回により経常利益は前年比マイナス1億円に留まりました。

2020年度連結実績

2020年度のトピックスは?

JFEスチール「省エネルギーセンター会長賞」受賞

当社はJFEスチールが2020年度省エネ大賞を受賞した"データサイエンスを活用したエネルギー需給ガイダンスの開発"に貢献いたしました。
引き続き、製鉄業の省エネルギー化にシステム面から貢献し、SDGsに取り組んでまいります。

データサイエンスを活用したエネルギー需給
ガイダンスの開発 概要

DX推進部の新設

JFEスチールおよびそのグループ会社を含む製造・流通業界向けへのデジタルトランスフォーメーション(DX)の推進部署として、DX推進部を新設しました。
今後は、DX領域におけるソリューション戦略の企画調整、提案、開発支援等を行ってまいります。

DX推進イメージ

2021年度業績予想について

売上高、経常利益ともに過去最高であった2019年度の水準まで回復を目指します。

2021年度業績見通し(連結:前期比)

連結売上高

連結経常利益/親会社株主に帰属する当期純利益

株主の皆様へ

今期末配当につきましては、120円/株といたします。
2021年度の配当は配当性向30%目途の方針に基づき今年度と同等の配当を予想しております。
当社は引き続き株主の皆様にご満足いただけるよう、企業価値の増大に向けた様々な施策を推進してまいります。

配当金の推移

2021年4月1日に普通株式を1株につき2株の割合をもって分割しております。分割後の配当は60円/株となります。

2021年6月

代表取締役社長

大木 哲夫

関連リンク: