このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

トップメッセージ

2018年度は、売上高・経常利益ともに4期連続で過去最高額を更新。2019年度も過去最高額を目指します。

2018年度の決算と2019年度の見通しについて、西崎代表取締役社長がお答えします。

西崎社長

Q. 2018年度業績の評価は?

A. ソリューション事業を中心とした一般顧客向け事業の拡大により、4期連続で売上高・経常利益ともに過去最高額を更新しました。
また、親会社株主に帰属する当期純利益は、前年度計上の減損損失等の影響がなくなり、大幅に改善しました。


2018年度連結業績

Q. 2019年度の業績見通しは?

A. 鉄鋼向けの売上増を中心に、基盤・ソリューション事業での増収を見込んでおります。その 結果、売上高・経常利益ともに 5期連続で過去最高額を更新する見通しです。

連結業績ハイライト

株主の皆様へ

2018年度の業績向上を受け、配当性向30%を目安に当期につきましては1株当たり85円の配当とさせていただきました。また、来期も更に5円増配の1株当たり90円を予想しております。

配当金の推移

株主の皆様におかれましては、今後もより一層のご指導ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い 申し上げます。

西崎 宏

2019年6月 代表取締役社長

関連リンク
当社の強み