このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

ローコード開発プラットフォーム

Microsoft Power Platform

紙やメールでやり取りしている未システム化領域をデジタル化。

お知らせ

Microsoft Power Platformとは

閉じる

『Microsoft Power Platform』は、『Power Apps』、『Power Automate』、『Power BI』 の3製品から構成されており、データの収集から解析・予測までローコーディングでシステム構築を実現するプラットフォームです。

Power Apps、Power Automate、Power BI

ノンコーディングで
アプリケーションを開発

ワークフローを設定して
ビジネスプロセスを構築

蓄積されたデータを
可視化&分析

以下の特長を持ったプラットフォーム製品のため、これまでシステム化対象から漏れていた領域のデジタル化を推進します。

アイコン

ローコーディングでの開発

ゼロからコードを記載する従来型の開発に比べて、迅速な開発が可能。

アイコン

スマートフォンからも同一の操作感

外出先からもPCと同じように処理が可能。

このような課題がございませんか?

閉じる

紙やメールでやり取りされている業務が多く残っているために、こんなことでお困りではありませんか?

外出先での報告が面倒|書類+押印なので決裁に時間が掛かる|データが散在していて活用できない|紙の情報を活用できない

Microsoft Power Platformを活用すれば。。。

スマホからも報告できる!|スマホで決裁できる|データが一元管理されていて活用できる|デジタル情報として活用できる

Power Platformの活用シーン

閉じる

社内業務に残された未システム化領域に対してPower Platformを活用することで、利便性が向上し、働き方改革にも役立つと考えています。

<例>

  • 活動報告 :日報など
  • 社内報告 :資産登録など
  • 点検記録 :設備点検など
  • 申請手続き:引越し、結婚、出産など
  • 営業決裁 :見積、成約など
  • 調達決裁 :発注、検収など

利用イメージ

閉じる

例えば、出退勤管理や日報作成業務での利用イメージは以下の通りです。

外出が多い営業担当やフィールドサービス部隊は、スマホ上から出退勤や日報の登録が可能。

会社にいる上司や管理者は、TeamsアプリやSharePoint上で、デジタル化されたデータを一元的に把握できます。

利用イメージ

サービスメニュー

閉じる

当社では、Power Platformを使ったサービスとして、以下のメニューをご用意しています。

アプリケーション開発サービス|テンプレート提供サービス|トレーニングサービス

導入の流れ

閉じる

上記サービスを導入する際の大まかな流れは以下の通りです。

サービスを導入する際の大まかな流れ

当社サービスの特長

閉じる

当社が提供するPowerPlatformによるローコード開発サービスでは、多くのお客様で培った実用経験を活かし、お客様のDX推進を支援します。

多くのお客様で培った知見に基づくテンプレート

どのような業務が適しているか、どのような作り方が良いのか、といった知見に基づいた支援。


テンプレートをベースにした構築

テンプレートをベースにすることで、構築期間を短縮。


ユーザでの軽微な改修が可能

ローコーディングツールをベースとしており、専門的な知識がなくても軽微な改修が可能。


お問い合わせ

資料請求・デモンストレーション等、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

  • 03-5418-2426

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く