ROIC経営管理向け分析モデル

KPIMart ROIC Model

SAPユーザ必見! SAP® S/4HANA × SAP® Analytics
経営管理の最強KPI分析モデル

お知らせ

KPIMart® ROIC Modelとは?

閉じる

KPIMart®は、SAP® BusinessObjects™をベースにしたSAP S/4HANA®準拠の事前定義済み経営分析テンプレートです。

KPIMart® ROIC Modelは、ROIC経営管理向けに、SAP® S/4HANAのデータをインメモリSAP HANA上で高速にセグメント分割した経営分析モデルです。

KPIMart® ROIC Modelは、SAP® S/4HANAの具体的且つ最大価値を生み出します。

KPIMart ROIC Model

左の動画で音声による
KPIMart ROIC Modelの概要を
ご紹介します。

ROICとは?

閉じる

ROIC(Return On Invested Capital:投下資本利益率) は、IFRES(国際会計基準) や、東証(JPX) と金融庁がまとめた2018年改定版「コーポレート・ガバナンス・コード」によって現在、最も導入が盛んな経営管理KPIです。

ROIC経営

ROEは、全社勘定である自己資本を母数にしている為、管理会計向けにセグメント分割できません。これに対し、ROICは、投下資本を運用資本としてとらえることで管理会計向けにセグメント分割が可能になります。

ROIC経営

このような課題はありませんか?

閉じる
  • グループ会社や各事業の業績管理は収益性だけでは不十分。更に成長性、効率性、生産性の面でも評価できる事業ポートフォリオを作り、戦略的なKPI管理を実現したい。
  • 事業業績を各KPIに分解して、主担当部門のアクションプラン評価のKPIに落とし込み、「稼ぐ力」をアップしたい。
事業ポートフォリオを作り、戦略的なKPI管理を実現
  • PSI(Production/Selling/Inventory)やS&OP(Sales & Operations Planning)の計画策定の際に生じるBS(効率性)とPL(収益性、成長性)のトレード・オフを指標化、 時系列化し、アクションに向けての意思決定に役立てたい。

KPIMart® ROIC Modelの特長

閉じる

品目グループROIC

KPIMart® ROIC Modelでは、 ROICのセグメント単位として「品目グループ」を主軸に営業利益、売上債権、棚卸資産、固定資産、仕入債務を按分します。品目グループを主軸にすることでROICは、S&OP(Sales & Operations Planning)の良し悪しを評価する指標として経営、販売、製造の共通言語としてブレークダウンできるようにしました。

品目ROIC

投下資本回転日数は、固定資産を対象にしていますが、KPIMart® ROIC Modelでは、簡易版としてCCC(Cash Conversion Cycle:運転資本回転期間)を代用します。

Cash Conversion Cycle

ROICポートフォリオ

縦軸にCAGR(Compound Average Growth Rate:年平均成長率)、横軸にROICを配置させ、交差した円を売上高とした経営ダッシュボードをご提供します。

さらにWACC(Weighted Average Cost of Capital:加重平均資本コスト)を基準値として配置させることで、ROICポートフォリオを実現し、EVA(Economic Value Added:経済的付加価値)に展開します。

ROICポートフォリオ

ROICバリュードライバ分析

ROICからデータ分析、そしてアクションに結びつけられるよう成長性、収益性、効率性の3つのバリュードライバに分解し、互いの関連性をもちつつ、企業全体の生産性を向上させます。

KPIMart® ROIC Modelはこれらバリュードライバに対して独自の分析シナリオを提供し、アクションに結びつけます。

バリュードライバ分析

JFEシステムズ ROICの取り組み

閉じる

スペシャルインタビュー
KPMGコンサルティングとJFEシステムズで
ROIC経営の最新事情について語り尽くす!

資本効率向上に向けた経営の新しい取り組みとして、ROIC(投下資本利益率)を頂点とした経営管理の仕組みを模索する企業が増えてます。
ROICの必要性、ROICを導入した場合の経営管理の運用方法についてお話させていただきました。

第1回 ROIC導入の意義

投下資本効率を意識した経営の必要性とその中でROICが注目される理由について解説

第2回 ROICを導入した場合の経営管理の運用方法

ROICを導入した場合の経営管理サイクルの全体像と具体的な活用方法について解説

第3回 ROIC経営の前提となるシステム基盤

財務データを可視化しモニタリングしていくためのシステム基盤の在り方、及びROIC経営の推進アプローチについて解説

セミナーアーカイブス

過去開催したセミナーの中から再視聴のお問い合わせを多数頂戴したセミナーをご視聴できるようになりました。

2021年2月

ROIC経営の浸透・定着化にむけて
「ROIC経営管理システム導入事例」

基調講演:KPMGコンサルティング様


コロナ渦において企業はDXを更に加速しようと、老朽化した基幹システムを刷新し、SAP S/4HANA®への切り替えが進むとともに、資本効率向上に向けた経営の新しい取り組みとして、ROIC(投下資本利益率)を頂点とした経営管理の仕組みを模索する企業が増えてます。
本セミナーではKPMGコンサルティング株式会社衣笠様より、基調講演をいただき、コロナ渦でのKPIのニーズ、ROICの活用事例をご紹介いただきます。
企業として取り組むべき「業務目線」「システム目線」双方からアプローチするためのセミナーです。

お申し込みはこちらから

ご視聴されたい方はお申込みフォームよりご登録をお願いします。
お申込みいただいた方へ視聴URLをメールでご案内いたします。
※一度ご登録いただくと、掲載している全てのセミナーをご視聴可能となります。

関連ソリューション

※「KPIMart®」は、JFEシステムズ株式会社の登録商標です。
※SAP及びその他のSAPの製品やサービス、並びにそれらの個々のロゴは、ドイツ及びその他の国におけるSAP SE(又は SAPの関連会社)の商標若しくは登録商標です。
※EVA(経済的付加価値、Economic Value Added)はスターン・スチュワート社の登録商標です。

お問い合わせ

資料請求・デモンストレーションに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

お電話でのお問い合わせ

  • 03-5418-2437

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く