このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

規制緩和の流れが加速!いまこそペーパーレス化へギアチェンジ!
国税関係書類の電子帳簿保存セミナー

キーワード
  • 電子帳簿保存法
  • スキャナ保存
  • ペーパーレス
  • セミナー
  • 開催終了
  • 無料

ご好評のうちに終了しました。ありがとうございました。

「電子帳簿保存法」は、納税者の帳簿書類保存の負担軽減を図る目的で創設されましたが、当初は様々な要件が障壁となり、紙文書の電子化が進展しませんでした。その後、大幅な要件緩和が行われ、令和元年の税制改正において、入力期限の延長や重要書類(請求書、領収書など)の過去分電子化が緩和 されたことで、ますます導入メリットが向上 しています。倉庫費用削減、税務調査・会計監査対応の負担軽減 などに役立つスキャナ保存の仕組みを取り入れ、ペーパーレス化の一歩を踏みだしませんか?

開催概要

セミナー名称 規制緩和の流れが加速!いまこそペーパーレス化へギアチェンジ!
国税関係書類の電子帳簿保存セミナー
開催日時 2020年2月13日(木) 14:00~17:00(受付13:30~)
対象者 経営者・幹部・経理責任者、実務担当者
会場 東京都千代田区丸の内1丁目8番3号
丸の内トラストタワー本館3階
TOMAグループセミナールーム
JR東京駅 八重洲北口改札から八重洲北出口徒歩2分
八重洲北口改札から日本橋出口徒歩2分
地下鉄大手町駅 B7出口から徒歩2分
地下鉄日本橋駅 A3出口から徒歩4分
地下鉄半蔵門線三越前駅 B2出口から徒歩6分
参加費 無料(事前登録制)
定員 50名 ※同業の方のご参加はお断りする場合がございます。あらかじめご了承下さい。
主催 TOMAコンサルタンツグループ株式会社
共催 JFEシステムズ株式会社

セミナープログラム

14:00~16:30

【セミナー内容】

  1. 電子帳簿保存法創設の背景
  2. 国税関係帳簿書類とは
  3. 電子帳簿保存法の概要
  4. スキャナ保存の要件緩和について
  5. 電子帳簿保存の承認申請の手続き等
  6. 電子帳簿保存に対応する製品ご紹介
  7. 電子化による得られる導入メリット
  8. 申請区分による業務、システム変更点
  9. 帳簿、書類、スキャナの各申請事例
  10. 成功する業務改善の進め方

▼ 大幅な「要件緩和」実現の流れ ▼

  • 平成17年度(創設時)
    領収書「3万円未満の領収書のみ電子化可能」
    電子署名付与が必須 など
  • 平成27年9月~
    領収書「金額の基準撤廃。全て電子化可能」
    電子署名は「システムID、パスワード」で代用 など
  • 平成28年9月~
    スマホやデジカメで読み取り可能
    小規模企業者は、税理士等の定期検査でも可能 など
  • 令和元年9月30日~
    重要書類(請求書、領収書など)の過去分電子化
    スキャナ保存の期間制限に関する見直し

<講師>

TOMA税理士法人 ITコンサル部 部長
中小企業診断士 持木 健太

JFEシステムズ株式会社 プロダクト事業部
文書情報管理士 橋本 裕之

16:30~17:00 個別相談会

※ プログラム内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせ

お問い合わせ先

JFEシステムズ株式会社
プロダクト事業部 営業部
TEL:03-5418-2377

お問い合わせフォームへ