このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

経理部から始めるペーパーレスセミナー【名古屋】
~実例から探る帳簿・書類・スキャナ保存のメリット~

キーワード
  • 電子帳簿保存法
  • スキャナ保存
  • ペーパーレス
  • セミナー
  • 開催終了
  • 無料

経理部からペーパーレスを進めるぞ!
目標は立てたのに、他にもやることが多く、なかなか現実が追いつかない・・・。
そんなお客様にこそお越しいただきたい、現実的に進めるための電帳法オールパックセミナー!これを聞けば明日から検討を進められます。

本セミナーでは、電子化を検討される企業様が、法律から実運用までしっかり知識習得できるよう、電子帳簿保存法の第一人者である袖山税理士に、規制緩和消費税インボイス制度の最新動向をご講演いただきます。
あわせて、富士通・JFEシステムズより、JIIMA認証製品(帳簿・スキャナ)であり、数多くの申請実績を誇るDataDeliveryの製品紹介と、厳選された適用事例をご紹介します。
ぜひ、実際の事例をお聞きいただき、お客様の業務にあった進め方を見つけてください!

開催概要

セミナー名称 経理部から始めるペーパーレスセミナー【名古屋】
~実例から探る帳簿・書類・スキャナ保存のメリット~
開催日時 2020年02月12日(水) 13:30~17:20(受付時間13:00~)
対象者 経理部ご担当者様
※競合会社様のお申し込みはお断りする場合がございます。
会場 TKP名古屋栄会議室 7階
愛知県名古屋市中区栄3丁目4-21
TOSHIN SAKAEビル 7階 名古屋市営東山線・市営名城線 栄駅
サカエチカ 7番出口(クリスタル広場)徒歩2分
参加費 無料(事前登録制)
共催 富士通株式会社、JFEシステムズ株式会社

セミナープログラム

13:30~13:35

ご挨拶

13:35~14:50

電子帳簿保存法の最新動向と消費税インボイス制度への対応

税法で保存義務のある帳簿書類をデータで保存する場合には、所轄税務署長の承認が必要となります。近年、税務当局は納税者の電子化を推進しており、連年電子化の法的要件の規制緩和が行われています。本セミナーでは、電子帳簿保存法の概要や令和2年度の税制改正大綱などの最新動向に加え、2023年10月から導入される消費税インボイス制度と電子化による対応について詳しく解説します。

SKJ総合税理士事務所 所長 袖山 喜久造氏

【講師ご紹介】

国税専門官として東京国税局に入局。
税務署、国税局、国税庁の勤務を経て、2012年から税理士事務所をご開業。
豊富な専門知識と数多くの申請実績から、法解釈ポイントや留意点に加え、皆さんの疑問を徹底解説いただきます。

14:50~15:00 休憩
15:00~15:40

~国税関係帳簿書類をまるごとアーカイブ~
電子帳簿システム DataDeliveryのご紹介

電子帳簿保存の適用事例が豊富にあるDataDeliveryでは、スキャナ保存はもちろん仕訳帳などの帳簿、取引先に発行する請求書の書類控えなどトータルで管理することができます。本セミナーでは、当社製品の具体的な製品内容や活用事例についてご説明いたします。

JFEシステムズ株式会社

15:40~15:50 休憩
15:50~16:40

ペーパーレス化導入事例、ソリューションのご紹介

  • 長年富士通が手がけてきた導入実績の中から、経理シェアード会社のスキャナー保存事例と金融業における帳簿(主要簿、補助簿)の電帳法対応システムの事例をご紹介いたします。
  • DataDeliveryとの連携で実現できるワークフローの紹介
    ワークフロー製品 ExchangeUSEのご紹介

富士通株式会社
富士電機ITソリューション株式会社

16:40~17:00

~自社のペーパーレス化を具体的に進めるには~
無理なく進める電子帳簿保存法対応の進め方

JFEシステムズ株式会社

17:00~17:20 質疑応答、アンケートご回答

※ プログラム内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせ

お問い合わせ先

JFEシステムズ株式会社
プロダクト事業部 営業部
TEL:03-5418-2377

お問い合わせフォームへ