このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

e-文書法・電子帳簿保存法最新動向セミナー【大阪】

キーワード
  • 電子帳票
  • 電子帳簿保存
  • e-文書法
  • スキャナ保存
  • セミナー
  • 申込受付中
  • 無料

経理部門の「働き方改革」を応援します!

電子帳簿保存法で求められる要件と国税関係帳簿書類の電子化に取り組まれている企業の成功ポイントをご紹介します。
「帳簿・書類・電子取引」を、まるごとご紹介する半日です。
特に経理・財務部門のご担当者様、ふるってご参加ください。

お申し込みはこちらから

株式会社大塚商会様のお申込みフォームへ移動します。

開催概要

セミナー名称 e-文書法・電子帳簿保存法最新動向セミナー【大阪】
開催日時 2018年5月11日(金) 13:00~17:00(開場12:30)
対象者 経理・財務部門のご担当者様
会場 KM西梅田ビル 9F
大阪府大阪市福島区福島7-20-1
※1FがBMWのショールームになっています。 JR大阪環状線「福島駅」より 徒歩5分
JR東西線「新福島駅」出口1より 徒歩7分
阪神電鉄「福島駅」西出口2番より 徒歩7分
参加費 無料(事前登録制)
定員 60名(定員になり次第締め切らせていただきます)
主催 株式会社大塚商会
協賛 セイコーソリューションズ株式会社
コクヨ株式会社
JFEシステムズ株式会社

セミナープログラム

13:00~14:20

デジタルだからできる記録管理
改正電子帳簿保存法施行規則を分かりやすく解説

国税関係書類のスキャナ保存や電子取引が容認されるに至った背景と、デジタル情報の完全性を担保する「タイムスタンプ」の技術や活用事例について分かりやすく解説します。

セイコーソリューションズ株式会社
デジタルトランスフォーメーション統括部 部長 柴田 孝一

14:35~15:20

法定帳簿の長期保存を実現する「DataDelivery」のご紹介
~経理部門から始めるペーパーレスの第一歩~

帳簿(総勘定元帳、仕訳帳、補助簿など)の統合的な保存・閲覧環境を実現する「DataDelivery(データデリバリー)」は、単純な印刷業務、ファイリング、保管業務からの解放やコスト削減が図れることから、業種を問わず数多くのお客様にご採用いただいています。本セッションでは、帳簿関連性を実現する製品紹介やデモンストレーションに加え、2,000件以上の申請実績から厳選事例について、分かりやすくご説明します。

JFEシステムズ株式会社
プロダクト事業部 営業部 橋本 裕之

15:25~16:10

e-文書法の要件緩和で変わる領収書・請求書などの電子化手法、成功のポイントご紹介

電子帳簿保存法の要件緩和で大きく変わる領収書や請求書などの電子化手法。e-文書法対応を成功に導くための欠かせないポイントは何か。さまざまなお客様で検討、また導入いただいたケースを基に分かりやすく解説します。

株式会社大塚商会
共通基盤NW・セキュリティプロモーション部 榎本 貴

16:15~17:00

請求書など、基幹帳票の配信を紙から電子へ
クラウドサービスではじめる電子配信

請求書をはじめとする帳票の郵送は企業にとって欠かせない業務ですが、紙代、切手代、封筒代、封かんなどの人件費と、さまざまなコストがかかることが課題となっています。本セッションでは、クラウドサービス「@Tovas」を活用し電子配信を成功に導くプロセスをご紹介します。

コクヨ株式会社
事業開発センター ネットソリューション事業部 三浦 洋介

※ プログラム内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせ

お問い合わせ先

JFEシステムズ株式会社
プロダクト事業部 営業部
TEL:03-5418-2377

お問い合わせフォームへ

お申し込み

定員に達した場合はその時点でお申し込み締め切りとさせていただきます。

お申し込みはこちらから

株式会社大塚商会様のお申込みフォームへ移動します。