このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

コンプライアンス

今日の企業活動には、あらゆる面で「企業の社会的責任(CSR)」が問われ、公正さと透明性の徹底が社会から強く求められています。それを怠った企業は信頼を失い、その存立までが危機にさらされることとなります。 当社グループでは、こうした認識のもと、CSRの基礎をなす「コンプライアンス(法令遵守)」を経営の最重要課題の一つとして位置付け、コンプライアンスの精神を全員が十分に理解し実践していくための諸施策を実施しています。

推進体制

以下のコンプライアンス体制図に基づき活動を推進しています。

コンプライアンス体制図

企業倫理ホットライン

企業倫理ホットラインパンフレット当社は、コンプライアンスにかかわる重要情報が現場から経営トップに迅速かつ正確に伝わるよう「企業倫理ホットライン」を設置しています。
ホットラインの運用にあたっては、通報・相談者の保護に関するルールを定め、社内に明示しています。通報・相談者に対しては、事実確認をした後、その検討結果をフィードバックいたします。


啓発活動

当社は、毎年10月を「法令遵守強化月間」として、各職場で守るべきルールとは何かを考え、そのルールを知り、目的・意味を理解する「ルール周知活動」を実施しています。
具体的には、全社員を対象をしたe-ラーニングによる研修、部署ごとに、コンプライアンスガイドブックやイントラネットに総務部が掲載している資料、法令、社内規程などの読み合わせを行います。
これにより、法令やルールを遵守する意識を醸成するとともに実際の業務がルールに適合しているかどうかを確認します。また、活動後は、必要に応じて業務の見直しや、適切な手続きを経たルール改正を実施してまいります。