一覧へ
一覧へ
一覧へ

 FiBridgeシリーズなら解決できる3つの特長についてご説明します。

金融機関では、数千帳票に及ぶ大量の帳票データや本部、支店、課支社など多くの拠点で利用されています。FiBridgeシリーズは、そういった環境でも対応できるよう高速処理による帳票の即時閲覧や高い拡張性を活かした全社帳票の集中管理を実現することができます。
今回は、圧倒的な導入実績を誇るFiBridgeシリーズの3つの特長を解説します。

 金融業界で選ばれる3つの特長

※2007-2017年度実績(金額 2007-2011, 2017年度、数量 2009-2017年度)株式会社富士キメラ総研「パッケージソリューション・マーケティング便覧」「ソフトウェアビジネス新市場」

 特長1:卓越した高速性能

大量データの超高速変換、軽快な操作性による即時閲覧を実現

大量データの超高速変換、軽快な操作性による即時閲覧を実現

本社、支店などのご利用はもちろん、代理店などの取引先を含めた大規模展開にも対応しております。

 特長2:豊富な拡張性

帳票のワークフローを実現し、さらなるペーパーレス化を推進

電子帳簿保存法で定める帳簿やスキャン文書データを電子保存

RPAで電子帳票をより一層、有効活用

RPAで電子帳票をより一層、有効活用
  • 勘定系システムのデータを取り込んだ電子帳票とRPAが連携することで、大切な情報を有効活用します。
  • これまで定常的に行っているチェック業務やExcelリストの作成業務を自動化することで業務改善を図ります。

 特長3:圧倒的な導入実績

金融機関で150社超の導入実績
金融機関での電子帳票はJFEシステムズにおまかせください