このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

SCMコントロールタワーソリューション

Kinaxis RapidResponse

サプライチェーンの可視化と最適化を実現。
人間の意思決定に必要なデータを瞬時に提示し、
すばやい意思決定を支援します。

Kinaxis RapidResponse とは?

閉じる

「レスポンス・マネジメント」を強力に支援する次世代のSCMソリューション

グローバルなサプライチェーンにおける、状況の変化に迅速に対応した、企業内外の関係者間の情報共有、リアルタイムなプラニングと、実行アクションの提示、意思決定の支援をサポートします。

SCM+S & OP(=Sales & Operations Planning)をサポートするトータルSCMソリューション

今日のサプライチェーンは単なる需給調整ではなく、リアルタイムなチャンス(=利益)を確実に捉えなければなりません。
RapidResponseは企業の利益を最大化するため、需要変動に対して、供給をスピーディーに調整する、販売から生産・在庫までをトータルにプラニングするソリューションです。

生産系(Manufacturing)

  • 需要に対する納入可能数の回答(ATP)を行う。
  • 製品要求の変動に対応し、ボトルネックの確認と調整を行う。
  • サプライヤの変更や能力の調整を行い、供給可能日(CTP)を回答する。

販売系(Demand Management)

  • 顧客からの需要を収集・集計し、供給の割り当て(ATP)による納期回答を行う。
  • 顧客需要の変動に対応して、例外情報の確認を行い、過去需要情報を分析し、製品要求の変更を行う。

特長

閉じる

「Kinaxis RapidResponse」の特長は、以下の通りです。

特長1
Glass Pipeline サプライチェーン上に散在する情報を統合:可視化

グローバル・サプライチェーンにおいて、「情報を共有」し、「意思決定を行う」ためには、円滑なコミュニケーションの仕組みが必須です。
広範囲なサプライチェーンにわたる複数企業間、複数組織間で可視性を実現します。

  • 販社、工場、物流センター、サプライヤ等の様々なデータを共有し可視化。
  • 顧客オーダー、購買オーダー、製造指図、部品在庫、製品在庫、ライン能力を統合的にプランニング。
  • 情報をリアルタイムで共有することにより、部門間の調整作業を簡素化、迅速化。バックオフィス業務負荷を削減。
Glass Pipelineサプライチェーン上に散在する情報を統合:可視化

特長2
アクティブスプレッドシート複数企業間における情報を1画面で視覚化

複数のシステムやサイトから集まるサプライチェーンのライブデータを自動的に投入する使いやすいスプレッドシートインターフェースです。
従来のシステムでは数時間から数日かかった計算を瞬時に実行し、サプライ/デマンド/製品関連の変更がもたらすインパクトを容易に分析します。

  • 使い慣れたExcelライクなスプレッドシート形式。
  • 生販在、仕販在の情報のほか様々なデータの参照・変更が可能。
  • 標準で数十種類のテンプレートを提供。
  • テンプレート以外に、自由にワークブック、ワークシートを作成・利用可能。
アクティブスプレッドシートのイメージ図

特長3
Resolution Engine コラボレーション方式の「What-If」シナリオ評価

Resolution Engineの反復モデリング機能では、サプライチェーンを構成する企業内外のメンバーが、複数の「What-If」シナリオのシミュレーション・プランを同時に立案し、承認を与えることで最終的に統合することが可能です。

  • マルチサイトMRP計算とともに、CTP(ペギング・アルゴリズム)を実行。
  • この計算により、需要に供給の割り当てを行いながら可能日を算出。
  • CTP計算ロジックはMRPと同時に瞬時に実行。
  • 資材制約と能力制約の両方を同時に考慮。
  • 顧客需要から資材までどのように引当られたか、フルペギングで追跡可能。
Resolution Engineのイメージ図

特長4
Live Scorecard 複数シナリオの比較/評価、意思決定支援

Live Scorecardでは、立案された複数のシナリオの比較/評価を共有します。
在庫問題、顧客満足度、品質対策、リードタイム、オンタイムデリバリ、商品原価などの指標ごとに評点を与え、複数のシナリオに対する順位を付けます。

  • サプライチェーンの指標を、定量的な数値で表現し、意思決定を支援。
Live Scorecardのイメージ図

特長5
Personal Alerts アラート起点の業務の遂行

  • 納期遅れ、調達遅れ、損失の可能性など、詳細な設定に基づくアラートを、ユーザーに分かりやすく表示。
  • ユーザーは例外に焦点を当てながら、積極的にレスポンスプロセスを開始。
>Personal Alertsのイメージ図

機能

閉じる

「Kinaxis RapidResponse」の機能は、以下の通りです。

標準Workbook

機能1 顧客オーダー管理

  • 顧客オーダー状況(将来の納期遵守率など)がわかり、特定オーダーに関わる詳細情報が抽出できます。
  • 即時シミュレーションが可能です。
    (オーダーの優先順位を変更した場合、オーダーやフォーキャストの追加/変更)
顧客オーダー管理
顧客オーダー管理

機能2 BOM管理

  • BOMの正展開、逆展開(該当部品を含む製品)が可能です。
  • リードタイム、調達方法(サプライヤ、経路)やコスト情報が参照可能です。
BOM管理
BOM管理

機能3 在庫管理

  • サイト別、部品別の、製品在庫や部品在庫の状況一覧が参照可能です。
  • 部品の過不足数量や、新規発注計画の分析が可能です。
在庫管理
在庫管理

機能4 生産管理

  • 発行済オーダーに対しては、前倒・後倒しキャンセルを勧告します。不足分は新規計画を作成します。
  • 製造指示と購買オーダを統合して演算し、部材納期を最適化します。
生産管理
生産管理

機能5 制約管理

  • 制約能力(設備/工数/調達能力など)への山積み/山崩し状況と詳細を確認できます。
  • 特定の週の能力を増加/減少した場合の影響分析など即時シミュレーションが可能です。
制約管理
制約管理

機能6 Live Scorecard

  • 管理指標による計画の定量的な診断が可能です。
    (評価指標例:収益、遅延オーダ数、納期達成率 等)
  • 複数の計画間の比較評価が可能です。

Live Scorecard
Live Scorecard

機能7 メッセージセンター

  • 問題の発生時に自動的にアラートを発生させ警告します。
  • 複数メンバーのオペレーションの変更履歴を共有します。
  • アラートの内容とアラートが発生している原因へリンクします。
  • 関係者への依頼内容など、メッセージをメールと同様に記載可能です。
メッセージセンター
メッセージセンター

データフロー

閉じる

「Kinaxis RapidResponse」のデータフローは、以下の通りです。

データフロー

データフロー

導入事例:SCPソフトの導入

閉じる

導入の目的

顧客の需要状況が刻々と変化する製品の需給調整に、人間系で調整して柔軟に結果を出したい。

導入の効果

シミュレーションに時間がかかりすぎ、機動力のある解決策がだしにくかった従来のSCPソフトの弱点を補うことに成功しました。

導入実績

電機電子

  • Philips
  • Lucent Technology
  • Agilent Technologies
  • XEROX
  • Handspring
  • Jabil Circuit
  • Scientific Atlanta
  • Network Appliance
  • SOLECTRON
  • SCI Systems
  • SMTC
  • ViaSystems
  • Teradyne 他

エアロスペース

  • Raytheon
  • Honeywell
  • Rockwell Collins
  • Aerospace Electronics
  • Moog Aircraft
  • Pratt & Whitney
  • Rolls Royce
  • Goodrich Corporation
  • Cessna
  • Sikorsky
  • Smiths Aerospace 他

産業機械

  • 住友電装
  • Caterpillar
  • Komatsu America
  • GIANT
  • Lucas
  • York
  • RYOBI
  • John Deere
  • Cannondale
  • Massey Ferguson
  • Thomas Built Bus
  • western Star Truck 他

導入事例:S & OP(Sales & Opelations Planning)

閉じる

導入の目的

  • 四半期ごとに事業計画における、販売損益の達成状況を管理する。
  • そのうえで、コスト削減、販売促進など対策をシミュレーションし、アクションを決定、指示する。
  • 週次レベルで、販売計画の立案時に、生産上の制約を加味したうえで、販売・出荷数量の割当を計画する。
  • 日次レベルでは、緊急のオーダーに対する、損益インパクトを分析し、販売・出荷の調整を行う。
  • 仕組みとしては、SCMデータの一元化、業務オペレーションのルール化、評価指標(KPI)による意思決定支援を行う。
売上増が期待できない環境で、販売機会・利益ロスの防止をリアルタイムに調整

導入の効果

売上増が期待できない環境で、販売機会・利益ロスの防止をリアルタイムに調整する。

導入事例:グローバルPSI(生産計画)

閉じる

導入の目的

需要変動が大きな家電・ハイテク製品における、週次生産計画の立案、製品在庫/部品在庫の削減。

ビジネスの条件

  • 一般消費者への販売で販売変動が大きい。販売店がビジネス上優位にあり、価格設定に主導権がない。
  • 製品寿命が半年程度と短く、在庫がそのまま損失につながる。
  • 調達品の納期の関係でどうしても見込み生産になる。
  • 海外、国内の工場で連携生産し、ワールドワイドでの販売。

課題と解決すべきテーマ

  • 製品在庫、部品在庫が多く、死材化しやすいので収益に大きく影響する。
  • 現地法人/出荷センターの製品在庫や工場の重要部品在庫の可視化。
  • 複数の工場間の生産の同期化による、リードタイム短縮。
  • 販売変動に伴う、生産変更の早期化、特に月次サイクルの週次化。
  • 現在アクション自身の評価と可視化。
課題と解決すべきテーマ

改善点

週次でのビジネスサイクルへの変更(週次で修正)


  • 現地法人からの販売実績、フォーキャスト情報、在庫の取込
  • ビジネスリスク/指標(部材推移予想)やフィージビリティシミュレーション
  • 工場間を同期化した、計画 修正指示の発行

導入効果

在庫回転率の向上1.5倍回転


  • 在庫リスクの可視化による管理向上
  • 週次での修正による、アクション短期化 月次と週次の3週間分の在庫など最適化
  • 工場間同期化による「計画 修正」精度向上

関連ソリューション

Kinaxis RapidResponseは、Kinaxisの商標または登録商標です。

お問い合わせ

資料請求・デモンストレーション等、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

  • 03-5637-2251

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く

Get ADOBE READER

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。