このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

ビジネスインテリジェントソリューション

SAP BusinessObjects BI Platform

各種分析/レポーティングサービスを提供する上で
必要な情報基盤を提供

SAP®BusinessObjects™ BI Platformとは?

閉じる

SAP BusinessObjects BI Platformは、各種分析、レポーティングサービスを提供する上で必要な情報基盤を提供します。

機能

閉じる

「SAP BusinessObjects BI Platform」の機能は、以下の通りです。

機能1. ポータルサイト

各種レポートは、ポータルサイト上で管理します。
操作はWindwsのエクスプローラと同じイメージです。
一般的には、マイフォルダと部門フォルダの2種類を用意し、ログイン情報でこれらメニューやレポートの表示・非表示の切り替えが可能です。
またBIレポートだけでなく、PDFやOffice文書の管理も同様に管理可能です。

ポータルサイトのイメージ

機能2. HOLAP(UNIVERSE)

自由分析・アドホックレポーティングにおいては、ユーザが使用できるように、事前提供されるデータインタフェースUNIVERSEが用意されています。
UNIVERSEはバックエンドにあるOLAPデータベースを、日常業務用語で表記するだけでなく、独自の計算項目を定義する機能が用意されており、レポートの生産性を飛躍的に向上させます。

HOLAP(UNIVERSE)のイメージ

機能3. 監査機能

様々なサービスを統合的にコントロールする各種機能が用意されています。
特にBIでは、レポートが助長化しやすい傾向にあり、情報システム部での管理負荷が高くなりがちです。
SAP BusinessObjectsにはこうした管理負荷を軽減する為、様々の監査機能が用意されています。

監査機能のイメージ

機能4. 認証、セキュリティ

ユーザー・グループ情報で設定したロール権限で、メニュー、表、カラム・行レベルでの表示・非表示の制限を設定することが出来ます。
また、これら認証情報は、製品内部でのコントロールだけでなく、ADやLDAPといった認証基盤との連携も可能です。

認証、セキュリティのイメージ

関連ソリューション

SAP、SAP NetWeaver、Duet、PartnerEdge、ByDesign、SAP BusinessObjects Explorer、StreamWork、SAP HANA、および本文書に記載されたその他のSAP製品、サービス、ならびにそれぞれのロゴは、ドイツおよびその他の国々における SAP SEの商標または登録商標です。

お問い合わせ

資料請求・デモンストレーション等、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

  • 03-5418-2437

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く