SAP BIライブラリー

90日導入プロジェクト

要件定義~稼働まで90日間で実現したSAP BI導入プロジェクトの全容

業界:素材・化学メーカー
企業規模:売上高 1,000億以上5,000億未満

SAP S/4HANA®導入に多大な投資をした経営陣からするとBIはそのアウトプットを見る絶好の機会となる。
しかしながら、SAP S/4HANA®導入プロジェクトの多くは、BI領域は後回しにされる傾向が多い。
この事例ではJFEシステムズのSAP S/4HANA®データウェアハウステンプレート「KPIMart®」を使って90日間という短期間にBIを導入を果たしたという事例をご紹介します。

導入背景

<課題>

  • SAP S/4HANAの導入から半年が経過、データも揃ってきたので「BI」を導入したい。
  • BIレポートはSAP BusinessObjectsをすでに購入しているが、DWHやSAP S/4HANからのデータ抽出(ETL)の実現方式が未確定。

<施策(狙い)>

  • 期末まで3カ月なので、その間で実現できるBIシステムをSTEP1と称して構築し、STEP2は次の四半期~と五月雨式に進めたい。
  • SAP S/4HANA導入PJでスコープ外となった非SAPデータを取り込んで分析のレベルを向上させたい。

JFESIの提案

  • 顧客が購入したSAP BusinessObjectsのライセンスがレポートのみであった為、DWH(SAP IQ)とETL(SAP Data Services)をラッピングしたSAP BusinessObjects Edge Editionへコンバージョンを提案。
  • SAP ERP向け分析テンプレート「KPIMart」で基本的なマスタ、トランザクションデータをDWHに差分抽出し、90日で3つ(収益性分析、事業別予実、在庫受払)のデータマート(プロトタイプ)を構築(改修)した。
  • 非SAPデータはアップロード専用のWEB画面を提供(KPIMart Mail Box)
表

90日導入の計画

表
SAP® BusinessObjects™ Edgeについてはこちら
KPIMart®についてはこちら

ポイント

  • ・インフラコスト抑えつつ、短期間での初期構築を実現
  • ・欲張り過ぎず、確実に実行できる要件が明確な領域でのPJ計画
  • ・予算データ、手メンテマスタの取り込みとして専用UI「Mail Box」を提案

お問い合わせ

資料請求・デモンストレーションに関するお問い合わせはこちらからお願いします。

お電話でのお問い合わせ

  • 03-5418-2437

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く