このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

「電子帳簿保存法に対応するために求められること」【広島】
~電子帳簿とe-文書へ両対応する為の
「システム選定」「内部統制」「業務改善」の解説と御提案~

キーワード
  • 電子帳票
  • 電子帳簿保存
  • e-文書法
  • セミナー
  • 開催終了
  • 無料

平成27年度税制改正により規制緩和された電子帳簿保存法の概要を、国税庁OBで現在SKJ総合税理士事務所 所長「袖山 喜久造氏」を講師としてお招きし徹底解説。
さらに国税関係帳簿・書類の電子化実現の為に最適なツールの御紹介、内部統制・業務改善を目的としたコンサルティング、BPOサービスを御紹介致します。
国税関係帳簿・書類の電子化に取り組みたいが、「なにをどう始めれば良いか」「システム構築はどうすれば良いか」「どのように運用すればよいか」「業務負荷が増えるのでは・・」。
このようなお悩み事の解決策をご提案致します。
この機会に是非ご参加賜りますよう、ご案内申し上げます。

開催概要

セミナー名称 「電子帳簿保存法に対応するために求められること」【広島】
~電子帳簿とe-文書へ両対応する為の
「システム選定」「内部統制」「業務改善」の解説と御提案~
開催日時 2016年7月28日(木) 13:30~17:00(受付時間13:00)
対象者 経営者様、経理財務部、情報システム部、経営企画部の責任者様
※システムベンダー様、競合会社様のお申し込みはお断りする場合がございます。
※一社複数名のお申し込みの場合、人数の調整をお願いさせていただく場合がございます。
会場 広島県情報プラザ 2階 第3研修室
広島市中区千田町3丁目7-47 【市内電車】広電本社前電停から徒歩7分
【バス】広電バス:広島県情報プラザ前下車
【タクシー】JR広島駅から約20分

※情報プラザ駐車場をご利用のお客様は受付時お申し出ください。駐車券をご用意致します。
参加費 無料(事前登録制)
定員 40名(定員になり次第締め切らせていただきます)
主催 株式会社ミウラ
共催 株式会社ビジネスブレイン太田昭和
JFEシステムズ株式会社

セミナープログラム

13:30~15:00

【第1部】国税関係帳簿書類の電子化最新動向と申請手順

講師:SKJ総合税理士事務所 所長 袖山 喜久造 税理士

袖山 喜久造 税理士

<講師プロフィール>

平成元年4月東京国税局に国税専門官として採用。
国税庁調査課を含め15年間を大企業の法人税調査に従事。
平成21年には情報技術専門官として電子帳簿保存法の担当となり、申請書審査、研修、企業の指導相談事務に携わる。

平成24年7月退職。同年11月に税理士事務所開業。
税務コンサルタント他、電子帳簿保存関連のコンサルタントを行う。

主な著書:
『帳簿書類のデータ保存・スキャナ保存』完全ガイド
『マイナンバー制度と企業の実務』完全ガイド など

15:00~15:15 休憩(第2部開始前に当日配布の質問用紙を回収致します)
15:15~16:30

【第2部】
電子帳簿保存法の申請ポイントと事例のご紹介

電子帳簿保存法申請や再申請のポイント、留意点について確認すると共に、帳票類の電子化によるコスト削減効果の考え方・削減手法のご紹介を、実例を交えて電子帳簿保存法対応の経験豊富なコンサルタントがご説明致します。

株式会社ビジネスブレイン太田昭和

電子帳簿保存法対応に最適なシステムのご紹介

電子帳簿保存・スキャナ保存に両対応する製品 JFEシステムズ社製 『DataDelivery』について、「概要」「構築方法」及び「実例」をご紹介致します。

株式会社ミウラ

16:30~17:00

【第3部】質疑応答

袖山税理士が、皆さまのご質問に直接お答えいたします。

※ プログラム内容は変更になる場合がございます。予めご了承ください。

セミナーに関するお問い合わせ

お問い合わせ先

JFEシステムズ株式会社
プロダクト事業部 営業部 e-ドキュメント営業グループ
TEL:078-232-5365 FAX:078-232-5338

お問い合わせフォームへ