このページの本文へ移動
当社ウェブサイトではInternet Explorer6は非推奨環境のため、正しく表示されない場合があります。
詳しくは、「アクセシビリティについて」をご確認ください。

原価管理・採算管理システム

J-CCOREs(ジェー・シー・コアーズ)

プロセス製造業のお客様に多くの支持を得ている
「原価計算パッケージ」

J-CCOREsトライアルセミナー開催

閉じる

実際の「J-CCOREs」画面を操作しながら、原価計算を実機で体験いただきます。

他社導入事例なども踏まえながら、個別相談も承りますので、ぜひお気軽にご参加ください。

J-CCOREs® とは?

閉じる

原材料価格の変動や景気動向など経済環境変化に対応するため、精度の高い製品原価の把握、事業採算管理の重要性がますます高まってきています。

鉄鋼業の原価計算ノウハウを継承し、パッケージ化したJ-CCOREs(ジェー・シー・コアーズ)は、これまで鉄鋼、金属、化学、食品、半導体といった様々な業種に適合し、進化を遂げてきました。

J-CCOREsは、原価計算・損益計算の運用実現にとどまらず、新製品原価、原料単価変動に伴う高速なシミュレーションや様々な視点での差異分析機能まで対応しています。製造コスト・収益の可視化を実現し、具体的な原価改善・利益改善へつなげていきます。

変化の時代に対応できる、「攻めの原価管理PDCA」を支えていきます。

「原価管理システムJ-CCOREs」のコンセプト図
ころがし計算を採用した原価管理パッケージ、「J-CCOREs」の詳しい製品情報や課題解決コラムはこちら

特長

閉じる

【特長1:独立性】上流システムに依存しない独立した原価計算パッケージ

  • 原価計算単体のパッケージであり、生産管理システム、会計システム、販売システムの有無、種類は問いません。
  • お客様の現行システムやExcel管理されている各種データを連携し、J-CCOREs内で完結した原価計算運用を実現することができます。
  • 原価計算単独のマスタ構成となっているため、マスタメンテナンスを容易に行うことができます。
  • ERPパッケージや、お客様独自のシステムとの連携実績も豊富です。

【特長2:計算理論】プロセス系の計算理論から生み出された原価計算システム

  • 鉄鋼業で培ったノウハウを結集した原価管理パッケージです。各工程の原価を最終製品まで積み上げるころがし計算や、相互配賦計算などの独自の配賦処理は、プロセス製造業の原価業務に非常にFitします。
  • ループ品、副産物、屑、発生品、格下げなど原価計算における難しい運用課題にも、シンプルに対応することができます。
  • プロセス系業種だけではなく、自動車部品や電子部品など、組立系業種のお客様にも数多く導入頂いております。

【特長3:機能性】幅広いニーズに応えた標準機能

  • 実際原価、標準原価、個別原価、様々な原価計算制度に対応しています。
  • 在庫計算は、移動平均、先入先出、低価法に対応しています。
  • 通常原価業務と連動し、迅速な損益計算、採算分析、シミュレーションを行うことができます。

【特長4:操作性】強力なExcel連携機能、ユーザ自身で帳票開発

  • 原価・採算分析ができる各種画面、帳票を用意。各種画面よりワンクリックでExcelが起動し、データ活用が図れます。
  • Excelで編集したデータをコピー&ペースト機能によりJ-CCOREsの画面に直接貼り付けることも可能です。
  • 標準の照会画面、帳票を多数取り揃えています。お客様ご自身で自由にデータを抽出し、用途に応じた照会データを作成する「ユーザレポート」機能も備えています。

【特長5:サービス】安定した導入とサポート

  • 長年に渡る経験を生かし、標準モデルを拡張してきたJ-CCOREsは、全て自社で開発、商品改良を行っています。
  • 経験豊富なシステムエンジニアが、確実なシステム稼働をご支援します。
  • 導入後も、安定したシステム保守を継続させていただきます。

業種を問わず製造原価を反映できる計算手法『ころがし計算』

「工程」に着目し、各工程の受払を基に工程毎の製造原価を算出します。
算出された工程毎の製造原価を「ころがす」(積上げる)ことで最終製品の原価を算出方法が「ころがし計算」です。
工程変更にも柔軟に対応することができ、製造実態に即した工程別・製品別の製造原価の把握を実現します。
また、同じ工程をループするような生産形態でも、現実的な製造原価の把握を実現します。


業種を問わず製造原価を反映できる計算手法『ころがし計算』

的確な意思決定のための高速シミュレーション

予算データ、実績データをコピーし、必要な諸元を修正することで製造原価やセグメント別損益などの変動を高速かつ容易にシミュレーションすることができます。
これにより、すばやく収益への影響を把握し、的確な意思決定をサポートします。
また、予算策定時においては各種変動要素をパラメータとし、収益に与える影響を勘案した予算の策定を行なうことができます。


的確な意思決定のための高速シミュレーション

モジュール構成

閉じる

J-CCOREsは、お客様の様々な原価計算制度に応じたモジュールを用意しています。

また、オプション機能は、用途に応じて追加できる構成をとっています。

モジュール構成

導入アプローチ

閉じる

実機を用いて、お客様と一緒に標準機能への適合性を確認させていただき、最適な導入方法をご提案いたします。
初期段階から完成イメージをお客様と共有することで、最短4ヶ月での導入が可能です。

初期段階から完成イメージ

適用業種

閉じる

多様な業種・業態において、約100社のお客様にご導入いただいております。

  • 食品
  • 石油・化学
  • 医薬品
  • 樹脂加工
  • 製紙加工
  • 鉄鋼
  • 金属加工
  • 特殊鋼
  • 鉱業
  • 磁性体
  • 半導体
  • 電子部品
  • 精密機械
  • 自動車部品
  • 電力

システム構成・稼動環境

閉じる

システム構成はクライアント/サーバー方式を採用しております。

クライアント
OS リモート・デスクトップ接続クライアントが動作する環境
(RDC6以降推奨)
原価DBサーバ
OS Oracleが稼動可能なOS
Windows2012Server R2推奨
DB Oracle12c推奨
原価APサーバ
OS Windows2012Server R2推奨
DB接続 Oracle Net12推奨
関連ツール Excel2013推奨

原価管理コラム

閉じる

原価管理の課題解決には、「センス」が必要

昨今の厳しい経済状況を反映し、企業の原価管理に、より厳密さが求められるようになった。例えば、取引先への値上げ交渉や協力会社に対する値下げ要求においても、その根拠として自社の製品原価をきちんと把握、管理せねばならない。
「さらに、お客様の規模によっても状況は異なります」。製造業向け原価管理ソリューションパッケージ「J-CCOREs(ジェイ・シー・コアーズ)」導入に携わる西岡修次郎は、そう話す。
続きを読む

特集

閉じる

【 特集1 】
原材料費の高騰が続いている昨今。製造業を取り巻く環境は大きく変化し、これまでの原価と利益という観点から一歩進み、原価管理について根本的に見直す時期にきています。
そのためには、原材料高が与える影響を製品単位で把握する必要がありますが、これまでERPで行っていた原価管理ではなかなか難しいのが現状です。

関連ソリューション

※「J-CCOREs」は、JFEシステムズ株式会社の登録商標です。

お問い合わせ

資料請求・デモンストレーション等、お気軽にご相談下さい。

お電話でのお問い合わせ

  • 03-5637-2251

受付時間 9時~17時30分
※土曜・日曜・祝日、当社指定の休業日を除く

Get ADOBE READER

PDF形式のデータをご覧いただくには、アドビシステムズ社のAcrobat Reader(無料配布)が必要です。導入されていない方は左のアイコンをクリックして、Adobe Systemsのホームページからダウンロードしてください。なお、ダウンロード及びインストールに関するお問い合わせは、アドビシステムズまでお願いいたします。